運転免許の検定では

運転免許を取得する際の検定では、緊張のあまりミスをしてしまうのは、誰しもがそうであり仕方のない事です。自動車運転が初めから上手い人などは、ほぼいないと考えましょう。自動車運転のスキルを身に付ける為には、車に乗る回数や慣れが重要です。ですが、運転免許がない人が公道で車の運転を練習する事はできませんので、地元の教習所や合宿免許などでの訓練の際に、短い時間の練習の機会を大切にする事です。また、検定などでは、緊張からミスをしてしまっても、検定を終えるまでの間にたった1つのミスを引きづらない事です。検定中に1つのミスをきっかけに運転が雑になったっり、動揺する事で運転が投げやりになってしまうと、試験官はすぐに気づくはずです。試験官は、その道のプロですから、皆さんがどのような考えをもって運転しているのかを見逃さないはずです。実際に公道で走る際に重要な事は、突発的な事に動揺しない事、投げやりな危険運転をしない事です。検定合格の要素として重要な事柄は、運転技術もさることながら、「安全」な運転ができるかどうかの皆さんの素質を見極めることが重要となってくるはずです。少しのミスや失敗を引きずりながら、検定を不合格に終えるのではなく、多少のミスや失敗を重ねながらも、次の合格に結び付くような前向きな不合格をもらう事を心掛ける事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です