運転免許取り消しになる場合

運転免許は、正しく運転ができていないと処分を受けてしまいます。交通違反をしてしまった場合には、「免許停止」「免許取消」といった処分が考えられます。まず免許停止に関しては、「一時的に運転免許の効力がなくなる」という状態です。定められた期間を経過した後に、自動車の運転をすることができます。一方で免許取消の場合は、完全に運転免許の効力がなくなります。処分を受けてしまう原因は、さまざまです。例えばどうしても運転ができない病気になってしまった(失明やてんかんなど)という場合もありますし、ひき逃げを起こしたなどの問題を起こした場合などです。基本的には「安全な運転ができない」と判断されたときに、行政の処分を受けることになります。免許の停止になるか取消になるかは、内容によって変わっていきます。病気などが原因でない場合、多くは「一般違反行為や特定違反行為」があったときに処分を受けます。一般違反行為は、信号無視やスピード違反、シートベルトを着用していなかった場合が該当し、特定違反行為は、酒気帯び運転やひき逃げなどが該当します。どちらも3年以内にどれだけ処分を受けたかの回数によって、欠格期間(運転免許が再取得できない期間)が定められます。交通違反をすると、点数がたまっていきます。過去3年以内に免許停止の処分を受けていない場合に、15点以上の違反があると「免許取消」になります。過去3年以内に免許停止の処分を受けている場合には、免許停止回数が1回のときには10点以上、2回のときには5点以上、3回以上のときには4点以上と、回数によって点数が分けられています。そもそも違反行為をしないように、日々しっかりと注意をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です