学習装置と危機回避について

危険が潜む場合などにおいては、シミュレーターが大きな効果を発揮するという風に言えるでしょう。学習装置とはいえども、チェンジレバーやハンドブレーキはもちろんのこと、ルームミラーやドアミラーなども運転している映像に従って変化するため、本格的に作られてるというふうに言えるでしょう。設定をプログラミングによって、高速道路を走ったり雪道を走ったり雨の中を走ったりするというような、非常に様々なシチュエーションで走ることができるという点も、素晴らしいところであるというふうに言えるでしょう。最近では、学科教習の中でどのような点に危険が潜んでいるのかというようなグループワークをしてディスカッションを行うようなケースがあるようですが、このような際にもシミュレーションを行うことで、様々な意見を出し合いながら危険が一体どこに住んでるのかということを確認しやすくなるという点も挙げられるのではないかと考えられます。運転免許を取得する場合には、全ての道路や全ての危険を経験することはほとんど不可能であるため、それらを学科教習というような形で、講義形式で学ぶことになる訳ですが、知識を学んだだけでは、体に 感覚的な知識というものは十分ではなく、それを補うような形でシュミレーターが登場してきたことは良いという風に言えるかもしれません。そして、事故に遭わないことが重要とされる運転において、擬似的に事故にあった場合どうすれば良いのかということを追体験することができるという点も大きなメリットであるという風に言っていいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です