停車の注意点について

道の中で停車をする際にも、自転車や歩行者というようなオブジェクトに注意して的確に判断をしながら左側による合図を出して3秒後に進路変更を行うのが、一般的で、ぴったりと止めるのを目標にするのが良いというふうに言えるでしょう。一方で、例えば、高速道路の合流地点などではしっかりと加速をして合流しなければならない点もあるかもしれません。これが、うまくいかない場合には、ギアをサードに入れようとしているのに、ローに入れてしまっているとか、単純にアクセルの踏み込みが全く足りていない、というようなケースがあるようです。クラッチを踏み込んでセカンドにしたら、一気に加速しサードにギアチェンジするというような段階で的確に手順を踏んでいくことがポイントであるという風に言えそうですし、きちんと、考えながら取り組んでいくことが重要だと言えるでしょう。停止をする際には、最初のうちは車から降りて確認してみるのもいいかもしれません。実際に、目で見て目視確認をすることは、とにかく、重要でその次に重要なのはバックミラーで後方を確認するというのも忘れてはなりません。当然のことながら停止も進路変更の一つなわけですから、3秒前にきちんと行いブレーキは後方の車への合図になるわけですから、何回かに分けて、丁寧に踏むことが重要だというふうに言えるでしょう。ミラーや目視で後方を確認したら、合図を左側に出して、ブレーキを何度か踏んで減速し、緩やかにハンドルをして、左側に後続車両が入ってこないように幅を寄せていって停止線に車のお前がぴったりと合うように停止させる、というような流れになっているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です