取得する過程について

免許を取るための手順として、最も重要なのは、国からの公認を受けている、自動車教習所に通い、そこで無事単位を取ったり、実習を受けたりして、運転免許を取得するのに、問題ないという風に判断されれば、卒業することができるわけです。その後に、国の公安委員会の学科試験を受けて、それにも合格することができれば、無事に免許を取得することが出来るわけです。最近では、非常に手軽に免許を取得することができるケースとして、合宿免許が話題を呼んでいます。そもそも、合宿免許というものは、40年ほど前に日本で誕生して時間が有り余っている大学生などを中心に、爆発的にヒットしたことで、広まっていったという風に言われているようです。当時は、首都圏を中心に自動車教習所が、非常に少ない状況が続いており、これを打開する策として、合宿免許を発明したということであり、数週間、ひたすら泊まり込みで技術を学び続けることで、普通に、通うよりも、非常に早く、免許を取得することができる、という点が、魅力的たというわけです。最近では、大学なども、非常にこの合宿免許の取得方法に力を入れており、大学のこうないまで合宿免許センターの人が、宣伝や広告のために来る、というようなケースもあるようです。昔は、合宿免許センターといえば、あまり、衛生的に綺麗ではないというイメージを持っている人は、少なからずいるはずですが、最近では、旅館などを改装したりとか、温泉をつけたり、ヨガマッサージができたり、観光スポットを作ったり、というように、様々な工夫を凝らして、とりわけ、若い人を中心に人を集めようとしているような節がある、というふうに言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です