交差点通行の注意点

教習所や合宿免許で晴れて免許を取得できた方は、いろいろと注意しなければならないことあります。

交差点付近は交通事故が生じやすいポイントですから、運転手は特に気を付けなければなりません。他の車の動きに注意するのはもちろんのこと、歩行者や自転車を巻き込まないように心掛けます。特に大切なことは、交差点が近付いたらスピードを緩めることです。急いでしまうと右折する時は対向車線を直進する二輪車が見えにくくなりますし、左折する時は内輪差で歩行者や自転車を巻き込みかねません。スピードを落とすばかりでなく、左折する時は予め道路の左側に寄るなどして巻き込みを防止することが出来ます。また右折する時は反対方向からの直進車、左折車の進行を妨げないようにすると、事故の発生可能性を下げることが出来ます。

交差点付近は標識・標示等が多いのも特徴です。進行方向、通行区分が指定されることもありますから、常に注意を払うようにします。車両通行帯のある道路では、指定されている区分に従って通行しますが、緊急車両が近付いてきた時はその限りではありません。また道路工事等を避ける際も、例外的に区分を越えて通行することが可能です。

交差点はとにかく事故が起こりやすいポイントですから、譲り合う精神が肝要です。中には急に左折、右折する車や、進路変更する車も存在しますが、その動きを妨げないようにすることが求められます。特別な交通整理が行われていない場合は、優先道路の進行を妨げないようにします。また、標識等がなくても広い道路は優先道路と見做さなければなりません。道幅が変わらない場合は、左方車の進行を妨げないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です