追い越しの注意点

教習所や合宿免許で運転免許を取得後、運転手は気を付けなければならないこともあります。

運転手が追い越しの際に注意すべきことは沢山あります。例えば、追い越す時は追い越す車との間隔を十分に保たなければなりません。また、追い越す地点においても制限速度は守らなければならず、無理な加速は禁止されています。一方、自分が追い越される場合は、スピードを落として協力することが求められます。狭い道路であれば、少しでも左に寄って道を譲ることも大切です。追い越しが禁止されているタイミング、場所もあるので、運転の前に頭に入れておきましょう。一つは、前の車も追い越しの動作を始めている時です。二つには、進路変更すると対向車等に迷惑が掛かる場合です。三つには、後続車に進路変更の動きが見られる場合です。四つには、「追い越し禁止」の標識があるところです。また、道路の曲がり角付近や勾配の急な下り坂、車両通行帯のないトンネル内、踏切付近、交差点付近、横断歩道付近では追い越しが禁止されています。

追い越しは進路変更を伴いますが、基本的には中央線を越えて行うことはできません。但し、6メートル未満の通行帯であれば、安全を確認して中央線を越えた追い越しを行うことも可能です。その場合も標識・標示の指示を優先しなければなりません。追い越しの手順はマニュアル化されていますから、全ての運転手がきちんと学んでおかなければなりません。まず追い越し禁止場所でないことを確認し、前方、右側、右後方の安全を確認します。次に右側の方向指示器を出して、3秒後にやや加速して進路変更します。追い抜いたらすぐに左側の方向指示器を出して、再び進路変更を行います。無事終えたら合図も速やかに終了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です