進路変更における注意点

車の運転中に進路変更するのは望ましくありません。しかしどうしてもする必要がある場合は、適切な手順で行うようにします。特に気を付けなければならないのは、後続車の急ブレーキや急ハンドルが想定されるような進路変更を避けることです。バックミラーや目視で周囲の安全を十分確認してから行いましょう。進路変更に際しては車両通行帯に注意する必要があります。車両通行帯が黄色の線で区画されている場合、その線を越えて進路変更することは出来ません。白線と並行して区画されている場合は、白線側の車両のみが進路変更できます。

車両通行帯、標識、標示は進路変更に加え、横断、転回、後退の禁止を意味するものがあります。これらの掲示が認められない場合でも、歩行者の通行を妨げるような運転、通行を妨害するような振る舞いは避けなければなりません。この原則は、道路に面した場所に出入りする際も同様に有効です。

車の運転において追い越しはよく見られる動作ですが、禁止されている場所があるため、運転手は留意しなければなりません。追い越しは進路変更、加速、再度の進路変更という一連の手順を指すため、高度なスキルが要求されます。安易に行うのは極めて危険ですから、やむを得ない場合を除いて控えるようにします。因みに「追い越し」と「追い抜き」とは異なります。追い越しは進路を一時的に変えて前方の車の前に割り込む動作を指し、追い抜きは進路を変えずに加速して前方に出ることを意味します。追い越しの正しい方法は、追い越す車の右側を通行して行うものです。但し、追い越す車が右側に寄っていたり、対象が路面電車である場合は、例外的に左側を通行するようにします。

これらも教習所や合宿免許で学ぶことがあると思いますので、ぜひ頭に入れておいてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です