規制速度、法定速度

今回は教習所や合宿免許でも学ぶ「規制速度、法定速度」についてをお話したいと思います。

運転手は規制速度、法定速度を遵守しなければなりません。規制速度とは、標識や標示で指定される最高速度を指します。自動車を運転する際は、規制速度を超過すると罰せられます。法定速度とは、法令が定める最高速度を指します。一般道路における法定速度は定まっており、自動車が60キロメートル毎時、原動機付自転車が30キロメートル毎時となっています。もちろん法定速度を超過していなくても、天候や交通状況次第でさらに減速しなければ安全を確保できない場合もあるでしょう。そのような時は各自適切なスピードに切り替えることが求められます。因みにけん引する場合は車種によって法定速度が定まっており、40キロメートル毎時、25キロメートル毎時、30キロメートル毎時等があります。

ところで徐行とはどのようなスピードを指すのでしょうか。徐行とは、すぐに停止できるような速度を指します。ですからおよそ10キロメートル毎時以下と考えられます。例えば上り坂の頂上付近や曲がり角付近、勾配の急な下り坂や徐行標識が設置されているところでは、徐行に努めなければなりません。また左右の見通しのきかない場所等は標識がなくても、各自の判断で徐行することが推奨されます。

そもそも停止距離は、空走距離と制動距離とを合わせたものになります。空走距離とは、危険を感じた後にブレーキを踏み、さらにそのブレーキの効きが生じるまでの間に進む距離を指します。制動距離とは、ブレーキが効き始めてから実際に停止するまでの走行距離を指します。このように考えると、停止距離は思いの外長いことが分かります。この停止距離を踏まえた上で、適切な速度を心掛ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です