運転免許の点数制度

運転免許の点数制度は、運転者の過去3年間の交通事故や違反に点数をつけて、その点数がある程度貯まると免許の取り消しや停止を行う制度になります。また、点数には交通事故につける付加点数と交通違反につける基礎点数があります。

運転というのは常に安全運転を心がける必要があります。もしかしたら点数つけられるかもしれないと思った人はもちろん、違反や事故とは無縁なドライバーの方も、点数制度を理解してより一層その安全運転に対する意識を深めていきましょう。

違反行為を繰り返し、点数を積み重ねて合計6点になると免許停止などの処分が下されます。免停になった場合、講習の通知を受けてから1ヶ月以内に違反者用の講習を受けると、停止処置を回避することができます。講習には安全活動などの社会奉仕を選ぶこともできます。

仮に免停になってしまうと、生活が不便になってしまうのはもちろん、自動車の運転を仕事にしている運送業の方やバスやタクシーの運転手の方は働くことができなくなってしまいますし、会社の信用もなくなってしまい、最悪の場合そのまま失業ということも考えられます。

何回か点数が加算されたけど詳しく覚えていないという人もいるでしょう。今の違反点を知るためには、点数を知るための専用の証明書が必要になります。警察署や自動車安全運転センターに行き、証明書申込用紙をもらい必要事項を正確に記入の上で申し込みをします。そうすると、しばらくして郵送で今の点数を知ることができます。郵送で届くため点数がわかるのは時間がかかります。大体2週間とされていますが、自分でもある程度の点数は把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です