更新期間切れ

運転免許は絶対に有効期間中に更新をする必要があります。期限を過ぎると免許証は期限切れとなり無効となります。免許が更新期間切れになった場合は対処法があるのですが、これは有効期限から時間がどれくらい経ったかで違います。ここでは、有効期限からどのくらい時間がたったかで対処法を確認していきましょう。

まず、有効期間切れから半年以内の場合、定められた講習を受けることで学科試験と技能試験を免除されます。この場合は運転適性試験だけで運転免許証を再びもらうことができます。

また、免許の失効後、半年以内にこの講習の申し込みができなかった人は正当な理由があれば、それが終わって1ヶ月以内で更新期間切れから3年以内であれば上記の講習の申し込みができます。免許の更新期間が切れていることがわかったら急いで免許センターに問い合わせて申し込みの手続きをしなくてはいけません。

有効期間切れから半年以上経ち、特に理由もなかった場合は上記のような試験の免除がありません。つまり、学科試験・技術試験ともに受け直しになります。手間も時間も費用も余分にかかってしまい何もいいことがありません。ですので、万が一免許が更新期間切れした場合は、絶対に半年以内に手続きをしましょう。

有効期間を一日でも過ぎると、その免許証は無効になります。そのため、もし運転してしまうと無免許運転として罰則を受けなくてはなります。一日しか免許の有効期限を超過してないしセーフ、といった考えは通用しないので、免許が無効になったら絶対に運転しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です