合宿免許の欠点(地方に行く場合)

前述した、通学教習のメリットは、合宿スタイルの教習所では残念ながら決して得られないものでもあるということに留意しておきましょう。まして、免許合宿で地方の合宿所などに行く場合は、実地教習などが特殊な環境での演習になりかねません。これは、「地方にいくことでちょっとした旅行気分を味わうことができる」という先ほど書いたメリットと表裏一体で、これに付随するデメリットもあるということを述べることになるわけですが、地方には様々な事情を抱えた道路が多く、雪に適応するためであったり、農業用の車両が通ったりするなど、都会ではあまり考えの及ばない事態が待っている場合もあるのです。このような中で運転教習をして、いざ、地元などに戻ったときに困惑することになってしまうのです。「合宿免許で運転した環境とは大きく異なりすぎて戸惑った」「地方教習所に合宿したことでへんな癖がついてしまったかもしれない」という声もあるかもしれません。残念ながら、合宿免許を実施している多くの教習所は地方にあり、さらに言えば関東圏以外にあることが多く、都会に戻って運転する際には環境に適用できないという場合すらあるということに注意しておく必要があると言えそうです。それでも、このようないわば「田舎」の環境にしかない標識や交通法規などをまなぶこともできるでしょうし、初心者の内は十分に視界の開けたところで運転することは、運転するさいに必ず必要になってくる広い視野を養うためにも必要でしょうから、あながちすべてがデメリットであるとは言えないのです。あなたが住んでいるところと照らし合わせるなどして通う場所や合宿場所も選ぶのが良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です