教習コース(AT・MT)

合宿免許の運転教習のコースは、実は実際の車道よりもやや広い場合が多く、短期で取得することを考えてか、少しコースが簡単になっているとも言えることもなさそうですが、いずれにしても、基準は同じですから、気を引き締めて取り組むことが必要だと言えそうです。しかし、社会人の場合でも、会社の同意が得られたり、仕事をする際に、例えば「マニュアル運転者の運転が必要になったので免許をとってほしい」などという風に言われた場合に、会社の同意が得られたことから休みを取って合宿免許に参加した例なども、インターネットなどでは、散見されるようです。これと対立するデメリットとしては、短い期間で、短期的に運転技術を学ぶために、卒業検定を受けた後に習得した技術を忘れてしまいがちであるということもあるでしょうね。また、そもそも2週間という短いあいだで卒業検定までこぎつけることができなかった場合は、追加料金を払って免許合宿センターに入ることになってしまい、予想もしていない金額が追加されてしまう場合もありますので、注意をしておくべきでしょう。(最近の実習所では追加の料金を取らないという保証付きで売り込んでいるところもあるようです)それでも通学教習と比べると、安いので厳しい状況にあることが多い大学生や、フリーターの方などは免許合宿を通して免許を取得することをおすすめしたいです。そして、あまり人気のない季節や期間を選べば、平均的な値段よりも、かなり安く免許合宿に参加することもできるので、とても魅力的です!まとめると、自分自身にとってメリットとデメリットのどちらが大きいのかを天秤にかけて、しっかりと考えた上で機会損失のないように参加することが 好ましいと言えます。