持ったほうが良い物①

この章以下で紹介する持ち物は「なくても乗り越えられるが、あると好ましい」という性質のものです。まず、これは実体験ですが、免許合宿にはレクリエーションや自然探索などをする時間などがあるところもあるようで、そのような場合が想定できるならば、天候の急変などに備えて、雨具を準備しておくと良いでしょう。特に、折りたたみ傘や雨合羽などは、スペースを取らず、軽量であるため、簡単にカバンなどに入れられますから、準備しておくと良いかもしれませんね。また、2輪の免許を取得するために免許合宿に通う人などの場合、傘は役に立ちませんので、専用のレインコートなどもを準備しておくようにしましょう。ほかにも細かいところですが、恐らく合宿免許に参加している多くの人が、スマートフォンやパソコンなどで、疲れた体をいやしたり、仕事などがある人は空き時間に作業をする場合もあるでしょうから、コンセントから自分がいる場所までコードを伸ばせるように延長用のコードを持っておくとか、複数のコンセントがあるタップを持っていくとか、コンセントが埋まっていることなども想定して、ポータブル充電器などを持っておくと良いでしょう。最近の免許合宿センターでは、このような充電器や延長用のコードなどが常備されていることもあるようですから、事前に確認を取っておくと安心かもしれません。また、これは免許合宿に限らず、通学免許のさいにも役立つものですが 、A 4の書類などが入るトートバッグを持っておくと、何かと役に立ちます。これは学科教習ではテキストを入れて自分の部屋から教室まで持ち運ぶのにも、非常に役に立ちますし、運転教習では後ろの席などに荷物をまとめておく時にも便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です