体調管理と持ち物

合宿免許に行く際には、とにかく、長期の旅行に行くというイメージで荷物を準備していくと、おどろくほどスムーズに荷物をまとめられるかもしれませんね。続いて持っておくべきものは、例えば、夏であれば、虫除けスプレー、冬であれば、カイロや飛沫感染などを防ぐためのマスクなどは必ず持っておいた方がいいでしょうね。せっかく合宿免許に入ったのに、体調を崩してしまって、まともに指導を受けられないようでは意味がなくなってしまいますし、自分自身の体調を気遣い、なおかつまた周りの人に風邪などをうつさないようにするなどのエチケットを心がける必要があるでしょう。インターネットなどで見かける合宿免許の失敗パターンとしては、夏の終わり、特に秋のはじめ頃に、合宿免許に行った人が寒さに耐えられずに風邪を引いてしまうという非常に残念なパターンです。春や秋は、気温の変化が激しく、着るもので調節がしやすいような服装を多めに用意しておくと、万全な体調で合宿に望むことができるのではないでしょうか?他にも、普段から薬を服用している人などでは、予定の期間をオーバーしても大丈夫なくらいの量の薬をしっかりと準備しておき有事に備えること、また頭痛持ちの人などは、頭痛薬などを多めに準備しておくと、いざという時に役立つでしょう。他にも、地方に、特に田舎に合宿免許で行く人は虫除けスプレーや絆創膏、消毒液などを持っておくと万全です。これらは持って行っても役に立たないこともあるかもしれませんが「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、まずは準備しておくこと自体が重要だと言えます。このように入念に準備しておくことで、心理的な負担を減らすことに繋がるということをよく覚えておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です